株式会社 日産サティオ群馬

日産サティオ群馬WEBサイト 会社概要 【中途】募集要項 【新卒】募集要項

採用ウェブサイト2019 「サティオらしさ」 || 群馬の日産正規ディーラー 日産サティオ群馬

Entry
中途
新卒
HOME > 仕事・人について > TS 後閑信吾
難しい整備をやり遂げる達成感は格別。経験を積んでトップを目指す。

TS 後閑信吾

Profile:クルマが好きでレースのメカニックになりたくて4年制の日産栃木自動車大学校に入学。そこでディーラーでの経験も大事だと学び、勉強した知識と技術を生かそうと日産サティオ群馬に入社した。
image

学校と仕事の違いを知らされた1年目

当社を選んだのは、学校へ本部の採用担当が会社説明会に来て話をしてくれて、働きやすそうな職場の体制がよくわかったのと、資格取得に熱心な会社だとわかったからです。
入社して1ヵ月半の研修のあと、すぐTSとしての仕事がスタートしました。そこでわかったのは、同じ整備でも勉強と仕事とでは違うということ。定期点検でも車検でも、ディーラーでの作業はお客様のニーズと時間の制約のもとで行われます。お客様の同意を得ずにむやみに部品の交換はできませんし、限られた時間の中できちんと隅々まで見ることが求められます。ネジ1本締めるにも繊細な指の感覚が必要で、力任せにはできません。経験を積んで学んでいくことがいかに多いかを、1年目に改めて知りました。

エンジンを降ろす整備もやり遂げる

TSの仕事では、点検などで来店したお客様に事前の説明をして、作業が終わればまた結果を説明するといったお客様対応も必要です。学生の頃、靴の販売店でアルバイトをやっていたので接客に不安はありませんでしたが、ついついクルマの専門用語が出てしまいます。いかに年配の女性のお客様にもわかりやすく話せるか、そこにはいつも注意しています。
仕事のおもしろさは、難しい整備がうまくいったとき。少し前に、初めてマニュアルの旧型プリメーラのエンジンを降ろして、クラッチの交換をしました。ふつうはミッションをずらせば交換できますが、そのプリメーラはエンジンを降ろさないとできないタイプだったのです。きついけれど楽しい整備でした。分解して、また組み上げていくのが嬉しかったですね。そのクルマの持ち主には、そのあと私を指名して整備を頼んでいただけるようになりました。

image
image

後輩を引っ張っていけるTSを目指して

これからもどんどん初めての整備に挑戦しようと思っているのですが、少し苦手意識があるのが電装系の修理です。難しいところはつい先輩を頼ってしまうので、今後は積極的にトライしていきたいと思います。
資格ではいま日産整備士一級を目指しています。NBC(日産ビジネスカレッジ)横浜で講習を受けてから受験するのですが、昨年二級を取得したので来年は受験可能になります。
サービス課の一員として今後目指すのは、後輩を教えることができるようになること。人を引っ張っていく力をつけて、将来は工場を任されるような人間になりたいですね。

TS競技会で
3位入賞
image

入社2年目、全国日産サービス技術大会の関東大会・新人TSの部に出場。関東圏の販売会社18社が参加した中で3位に入りました。


X-TRAIL
image

愛車はクリーンディーゼルのX-TRAIL。フロントバンパーに着けたカンガルーバーと、ボンネットに着けたバグカバー(空気流でフロントガラスに虫が当たるのを防ぐ)でちょっとオーストラリア仕様にしてみました。

CA 斉藤淳
CA 菅野頌
CA 酒井和康
TA 土屋美紀
TS 根岸良多
TS 後閑信吾
住所:〒370-0071 群馬県高崎市小八木町1682
TEL:027-361-2332
営業時間:10:00~18:30
採用担当:松田(まつだ)・藤屋(ふじや)
↑
Copyright ©NISSAN SATIO GUNMA All rights Reserved.